室井公美子 MUROI Kumiko
31_muroi_w
Spirit
カンヴァスに油彩
194×162㎝ 2018
 
「浮沈する無意識の断片」
作品タイトルを《Spirit》とした(八色の森の美術展2018出品作品)。精霊という意味で考えている。元は、ラテン語の spiritus 息、呼吸、魂などの意に由来する。また、宗教性が強くなった場合は、霊、霊魂、心霊、亡霊の意となる。作品のテーマは「彼岸と此岸の間」。今回は、儀式に使われる仮面(精霊)を画面の中に多く入れ込んだ。それらは、旅で出会ったものの形にまつわる。見えない世界を可視化し定着させたい。抽象性を伴った画面にこだわる理由は、鑑賞者が自由に想像を膨らます余地を残しておきたいという考えからだ。また、画面の中で視線が滞留し、空間の振幅があるものを目指す。一見みづらい画面だが、あえてそうしている。例えるなら、暗闇で前後がわからなくなるような感覚。
私の制作には、偶然性が必要だ。絵具の染みや滴り、触覚、匂い、五感を刺激することが制作を後押しする。それは、アトリエの外にも広がる。東北の地で山へ入り込むことも多くなった。その中で、彼岸と此岸を感じることも多くある。様々なものが意識下に積み重なり、制作の中でしばしば浮上してくる。無意識から浮沈する断片の積み重ねが、私の画面となっている。

 

略歴

1975 栃木県生まれ
2007 東京造形大学美術学科絵画専攻卒業
2009 東京造形大学大学院造形研究科美術研究領域修了
2015〜 東北芸術工科大学美術科洋画コース専任講師

 

個展

2006 GALLERY MoMo(東京)→’08,’10,’12,’13,’16
2008 ギャラリー惺(東京)→’10

 

主なグループ展

2005 「群馬青年ビエンナーレ’05」群馬県立近代美術館(群馬)
2006 「VOCA展 2006」上野の森美術館(東京)
2012  第31回損保ジャパン美術財団選抜奨励展 損保ジャパン東郷青児美術館(東京)
2012 “Unknown Life No.3” 早稲田スコットホールギャラリー(東京)
2016  第52回 神奈川県美術展 神奈川県民ホール(神奈川)
2016 「ZOKEI NEXT 50」3331アーツ千代田(東京)
2017 「表層の冒険‐抽象のアポカリプス」ギャラリー鴻(東京)
2017 第53回神奈川県美術展 神奈川県民ホール(神奈川)
2018 「クインテット 五つ星の作家たち」 損保ジャパン日本興亜美術館(東京)
2018 第2回八色の森の美術展2018(新潟)

 

受賞歴

2005 群馬青年ビエンナーレ05'/群馬 群馬県立近代美術館 奨励賞
2005 第20回ホルベインスカラシップ奨学生
2009 2008年度ZOKEI展・東京造形大学大学院修士論文・修了制作展 ZOKEI賞
2012 第31回損保ジャパン美術財団選抜奨励展 損保ジャパン東郷青児美術館 秀作賞
2016 第52回 神奈川県美術展 神奈川県民ホール 特選
2017 第53回 神奈川県美術展 神奈川県民ホール 特選

 

アーティスト・イン・レジデンス

2014 Prosper財団 Circle of Peace(アメリカ/ジョージア)

 

パブリック・コレクション

Prosper財団(アメリカ/ジョージア)