森 馨 Mori Kaoru
32_mori_w
彼等・Y
石塑粘土、ガラス、布等
75㎝(高さ) 2017
 
関節部分が球状によって形成されていることが特徴の「球体関節人形」を主に製作しています。
人形には人の内面を掬うような、または映し鏡の様なところがあるせいか、(それ故に「怖い」と言われてしまうのですが)人形との対峙に於いては個人的な所有物としての鑑賞という密な関係性が似合うのですが、豊かな自然の中にある美術館で人形がどの様な景色を纏い、それが人々の目にどの様に映るのか興味深く思います。それでも人形はいつも通りに静かに佇んでいることでしょう。

 

略歴

1998年よりアトリエリデルにてBeeKANNO氏、山上真智子氏に師事し人形制作を始める。
作品集に「Parfum de bois」(私家本)、「眠れぬ森の処女(おとめ)たち」、「冥婚ーGhost Marriageー」(アトリエサード)などがある。

 

個展

2006 「愛の蜜〜Miel d’ Amour〜」啓祐堂ギャラリー
2009 「Maiden Baroque」ヴァニラ画廊
2011 「蝶番いの行方」Produce Unit SELECT企画/ポスターハリスギャラリー
2012 「heterogamy/異種婚」Produce Unit SELECT企画/ポスターハリスギャラリー
2016 「冥婚ーGhost marriageー」作品集出版記念展 /スパンアートギャラリー
2018 「The End of the World」/珈琲舎・書肆アラビク

 

主なグループ展

2007 「杢亞×メリュ×森馨 残酷な姫君の宴」ヴァニラ画廊
2008 「現代日本のエロティックアート展」ヴァニラ画廊企画/Musée de l'érotisme Paris
2011  邪神宮出版記念展覧会「邪神宮〜邪〜」ヴァニラ画廊/「邪神宮〜深〜」スパンアートギャラリー
2012 「沙村広明×森馨 2人展・蹂躙史エピトマイザ」ヴァニラ画廊
2012 「Anotherへのオマージュ展」Bunkamura Gallery
2013 「私の劇場」BunkamuraGallery、スパンアートギャラリー
2014 「Young Art Taipey 2014」Booth:スパンアートギャラリー/Regent Taipei
2014 「現代日本のエロティックアート展vol.2」ヴァニラ画廊企画/Musée de l'érotisme Paris
2014 「沙村広明×森馨 2人展・ティルガングーDerTilgung―」ヴァニラ画廊
2015 「幻想耽美・現代進行形のジャパニーズエロティシズム」Bunkamura Gallery
2015 「大正ロマンとデカダンス」高畠華宵大正ロマン館
2015 「菊地拓史×森馨 2人展 Square and Circle」ストライプハウスギャラリー
2016 「髑髏の中の髑髏展」乙画廊
2016 「Doll’s Show―多様化されたフォルムたち」スパンアートギャラリー企画/ストライプハウスギャラリー
2017 「逢いとおした お人形展」美晴花ギャラリア・ドス
2017 「人形展」ドスルバラード企画/丸善
2018 「アリス展」スパンアートギャラリー 企画/BunkamuraGallery
2018 「眠れる美女」ヴァニラ画廊 など展示多数