原田 一平 HARADA Ippei
27_harada_w
こもれび−Escapeing Lights 2019–
音楽:根本久子
映像、デジタル・プロセス 2019
 
「光で描く、動く絵。」をコンセプトに27年前に制作した16mm映画『こもれび』の続編です。
映画は1秒間に24枚の連続する静止画(写真や絵)で、光という絵具に照らされた世界をレンズの筆でフィルムや画像センサーのキャンバスに記録していきます。この作品は長時間露光とコマ撮りの撮影方法で光と時間を誇張させ、目で体験する日常とはかけ離れたイメージで「光で描く、動く絵。」を明確にしています。同時に東京の巨大な人工的な空間の中に潜む、自然と相通ずる幻想的、神秘的な美しさを求め描き出しています。
暗闇が街の無秩序を消しさり、光が宇宙を作り上げているかのようで、東京で生まれ生きてきた私にとって、街灯りは心のよりどころかもしれません。

 

略歴

1960 東京生まれ
1980 メンズファッション専門学校卒業
1996 日本工学院専門学校顧問・講師
現在、音響芸術専門学校講師

 

主な受賞・ノミネート

1987 『連続四辺形』イメージフォーラム・フェスティバル1987 一般公募部門入賞
1998 『これまでのあらすじ』第17回バンクーバー国際映画祭
    ドラゴン・アンド・タイガー・アワード・ノミネート
2000 『Oz Mix』サンフランシスコ国際映画祭
    ゴールデン・ゲート・アワード2000 ミュージック・ビデオ部門受賞
2001 『Oz Mix』第42回オーバーハウゼン国際短編映画祭
    インターナショナルコンペディション・ノミネート

 

作品収蔵

『連続四辺形』横浜美術館、京都造形芸術大学
『こもれび』横浜美術館
『これまでのあらすじ』横浜美術館

 

主な上映

1987 オーバーハウゼン国際短編映画祭、富山県立近代美術館、北海道立近代美術館
1990 川崎市市民ミュージアム、名古屋市美術館、ICA
1993 愛知芸術文化センター、北海道立近代美術館、ロントルポ、デ・ウニ、オランダ映画美術館、カーネギー美術館、パシフィック・フィルム・アーカイブ
1994 ハンボルド国際映画祭、シドニー映画祭
1996 バンクーバー国際映画祭
1997 横浜美術館、バンクーバー国際映画祭、バンコック国際アート・フィルム・フェスティバル
1998 バンクーバー国際映画祭、ロントルポ
1999 ICA、バンクーバー国際映画祭、バンコック国際アート・フィルム・フェスティバル
2000 ロッテルダム国際映画祭、横浜美術館、サンフランシスコ国際映画祭、ポップコーン・フィルム・フェスティバル
2001 ニューヨーク国際子供映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画祭