工藤礼二郎 KUDO Reijiro
12_kudo_w
Colonne LUNAIRE 02
カンヴァスにアクリル
227.3×181.8㎝ 2017
 
学生の頃、京都の塔頭で見た長谷川等伯の《山水図》。
ひとしきりの解説が終わり室内の電灯が切られた瞬間、それまでとは全く異なる別の世界が浮かび上がったように感じられた。
それは庭からの自然光を微かに浴びて、薄暗い室内の向こうに無限の広がりを湛えていた。
光は人間の目を、そして絵画を通して多くのことを無言のうちに問いかけてくれる。私はそうした絵を描きたい。

 

略歴

1964 大阪府生まれ
1990 創形美術学校造形科卒業[創形賞一席]
1991 創形美術学校研究科造形課程修了
1996〜’97 パリ国際芸術都市滞在
2002 ホルベイン・スカラシップ奨学生

 

個展

1992 G・ART GALLERY(東京)→’94
1995 ギャラリー現(東京)→’98,2006
1997 国際芸術都市(パリ)
1998 ガレリア ラセン(東京)
1998 GALLERY TAGA(東京)
1999 ギャラリエ アンドウ(東京)→2000,’03,’05,’07,’09,’12,’15,’17
2001 GALERIE SOL(東京)
2006 不二画廊(大阪)
2017 GALERIE SOL(東京)
2018 horyuji 不二画廊(奈良)

 

主なグループ展

1991 「SPINNING SQUARER」ギャラリー21+葉(東京)
1996 「ムルロアに咲く花プロジェクト」ガレリア・ラセン(東京)
1997 「アトリエ コレクティフ」国際芸術会館(パリ)
1998 「川村龍俊コレクション展-ジョン・ケージから広がった美の世界-」東京純心女子大学・純心ギャラリー(東京)
1998 「8人の現代作家展」井上画廊/東京
2000〜’06 「RASEN SELECTION 2000」ガレリア・ラセン(東京)
2001 「現出するイメージ・消失するイメージ」TOMMY画廊(東京)
2001 「TRACE展」GALERIE SOL(東京)
2002 「表面の裏側を考えて」マキイマサルファインアーツ(東京)
2003 「様々な波動」23ギャラリー(東京)
2005 「GAW展」新宿ゴールデン街(東京)
2007 「CROSSING」京都文化博物館(京都)
2008 「表層の冒険者たち−2008」ギャラリーいしだ(東京)
2009 「表層の冒険者たち−2009 Vol.2」exhibit live & moris gallery(東京)
2009 「Art in Sympathy 第3回展」人形町Vision’s(東京)
2009 「表層の冒険者たち−2009 Vol.4」海岸通りギャラリーCASO(大阪)
2012 「ANDO SESSION-3 あかり展」ギャラリエ アンドウ(東京)
2013 「ANDO SESSION-4 色の力展」ギャラリエ アンドウ(東京)
2016 「パースペクティブ-光」ギャラリエ アンドウ(東京)
2017 「Perspective Exhibition」ギャラリエ アンドウ(東京)
2018 「第2回 八色の森の美術展」池田記念美術館(南魚沼/新潟)