八色の森の美術展(2)

【1階展示室ー1】

20210913_120210913_220210913_3

菅野 美榮 KANNO Yoshie
旅する種子
インスタレーション(タンポポ綿毛、鉄、テグス)、150×500 ㎝、2021年制作

20210913_4

大嶋 彰 OSHIMA Akira
Crossover Painting-Ⅰ(右)
カンヴァスにアクリル、油彩、291.0×218.2 cm、2021年制作
Crossover Painting-Ⅱ(左)
カンヴァスにアクリル、油彩、291.0×218.2 cm、2021年制作

20210913_5

糸数 都 ITOKAZU Miyako
セレステブルー(右)
パネルに綿布、白亜地に油彩、90×180 ㎝、2020年制作
群青(左)
パネルに綿布、白亜地に油彩、90×180 ㎝、2020年制作

20210913_6

中村 陽子 NAKAMURA Yoko
気象Ⅴ-a,b,c,d,e,f,g,h-xz 構成体
和紙、アクリル絵具、樹脂、 建材、シルクスクリーン、180×391.5 ㎝、2021年制作

20210913_7

小野木 亜美 ONOGI Ami
tropism(右)
アクリルペイント、カラーインク、楮紙、162×97 ㎝、2021年制作
spectrum(中)
アクリルペイント、カラーインク、楮紙、162×97 ㎝、2021年制作
cells soda(左)
アクリルペイント、カラーインク、楮紙、162×97 ㎝、2018年制作

20210913_8

下向 惠子 SHIMOMUKAI Keiko
MYTHOS 21-S12-9〜16 あめのうずめ
パネルの上に雲肌麻紙、顔彩、樹脂膠、61×61×2.5 ㎝ ×8 pieces、2021年制作

2021年9月13日


八色の森の美術展(1)

1階のエントランスと廊下展示スペースに、木村桃子さん、橘田尚之さん、含真治さんの作品が並びます。

20210911_1

20210911_2

2021年9月11日


第5回 八色の森の美術展+子ども絵画展 開催中!

語りかける いろ、目覚める かたち

開催期間: 2021年9月4日(土)〜10月24日(日)

yairo2021_ura

2021年9月7日


9月4日、解説会&谷川渥氏の基調講演

5年連続開催となる「八色の森の美術展」が明日9月4日からスタートします。全国各地から現代美術の作家36人が参加する美術展として毎回注目されている美術展です。若手からベテランまで新鮮、老練、斬新、驚き、多種多様な作品が美術館を飾ってくれました。初日のイベントは、

10時〜 出品作家による作品解説会
14時〜 美学者・美術評論家の谷川渥氏の基調講演「橋のトポグラフィー」

ご来館をお待ちします。

2021年9月3日


9月3日まで「八色の森の美術展」設営中です。

「八色の森の美術展」で展示する作品の設営が始まりました。美術館入口前の芝生に前田哲明さんの彫刻が3日がかりで設置完了。公園を散歩する人が足を止めて見入っていました。

20210831

2021年9月2日


雲の切れ間から

日中はうだるような暑さ、そして夕方には雷雨と大気が不安定な日が続いています。目の前の八海山がだんだん黒い雲に覆われていきゴロゴロと雷の音が鳴り始めると雨が激しく降り出します。

そんな毎日ですが、7月30日、珍しく雲の切れ間から大きなアーチ状の虹が出現しました。思わず外に飛び出し撮影。なんだか得をした気分になりました。

20210730


2021年8月3日


八海山麓スキー場で、アクティブサンロックサマー!

南魚沼市荒金の八海山麓スキー場で明日7月31日から8月16日まで「アクティブサンロックサマー」が始まります。当館も協力団体として参加。27日は柏崎市在住の現代作家・関根哲男さんの「赤フンシリーズ」160点(赤フン雪妖怪140作品、赤フン風神・雷神6作品、赤フン仁王9作品、赤フン鳥獣戯画5作品)を「草むら迷路」とその周辺に設置、29日には地元の子どもたちと大人の方々50人の協力で柏崎市のギャラリー・グルグルハウス高柳から借用した「風ぐるま」約3,500本を設営しました。作品名は「上昇気流に乗って」。希望と願いを乗せて、山頂に向かって巨大な矢印が出現しました。写真では分かりませんが、現地で見ると、圧巻です。ゴールドの風ぐるまが真夏の太陽にキラキラかがやき、レインボー色の風ぐるまが風の流れを教えてくれます。今回のサマーイベントには毎日のようにワークショップがあります。八海山麓スキー場のHPに案内があるので、ご覧ください。

20200730_120200730-520200730_220200730_320200730_4

2021年7月30日


八海山夢展のアピールスペース出現!!

IMG_2629

池田記念美術館の入り口手前のウィンドウに「第22回八海山夢展」のアピールスペースが誕生して話題を呼んでいます。力強い題字とともに「八海山 八峰」と名前のついた八海石が目を引きます。八海山夢展とともにご注目ください!!ご来館お待ちしております。詳細は「八海山夢展」のページをご覧ください。

IMG_2631

第22回 八海山夢展

地元の美術愛好家を中心に、絵画・書道・写真・水石・工芸 約100人が出展します

開催期間: 2021年7月17日(土)~8月30日(月)

「第22回 八海山夢展」7月17日(土)~8月30日(月)

八海山夢展を今年も開催いたします。
地元の美術愛好家を中心に毎年開催し、今年で22回目となます。魚沼の風景や暮らしなどをテーマに絵画・書道・写真・水石・工芸の5部門で約100人が出展し、展示作品は約130点になります。水石部門は、水無川や魚野川で採取された八海石を展示します。絵画や写真では魚沼地方の風景を題材とした作品を多く鑑賞することができます。

 

■関連イベント

夢展 ミニ・ガイド
日程:7月24日(土)・8月7日(土)
絵画部門 10:00~、写真部門 11:00~
絵画部門と写真部門の出展者と一緒に鑑賞できます。
参加費:500円(入館料込み)
・一回の解説は30分程度です。定員10人。
・展示室内が込み合わないよう、一回の参加人数を制限させていただく場合がございます。

工芸部門 陶芸体験教室
日程:7月31日(土) 10:00~12:00
参加費:1000円(入館料込み)
※汚れても良い服装でご参加ください

書道部門 うちわづくり体験
日程:8月8日(日・祝) 10:00~12:00
参加費:500円(入館料込み)
※汚れても良い服装でご参加ください

※参加希望の方は池田記念美術館へお申込ください

公園のスモークツリー

梅雨入りしたというのに、八色の森公園は、すこし歩いただけで汗ばむ暑さです。山法師の葉叢がつくってくれた日陰に立って、スモークツリーを眺めています。

20210621_120210621_220210621-3

2021年6月21日